« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

ユニバーサルデザイン/インチキ

コレはミクシーに書いてた2007年の日記。
今はもう、文中の商品は絶滅してるとは思うけど。


関係者は読まないはずだと思って書いてしまう。陰口なので、内緒。


ユニバーサルデザインというと、よく出て来るモノがある。

買物袋を楽に持ち運べる「ハxxx・xxxィ」
コンセプトが分かり易い。スーパーの袋などを持つ時、手が痛い。
だからこれでひっかけて、持つと楽。
値段も確か、280円?
50万個?だったか、驚きの個数が売れている。

だがしかし、誰か,これを使っている人を見たことがあるだろうか?もし、買った人の何割かでも使っているのだったら、見た事があるはずだ。家の周り、スーパー、電車の中。見かけるはずの場所は多い。
私は一度も無い。

なぜか...
先ず,これに引っかけて、大きなスーパーの袋を持つと150センチの私は地面についてしまう。開発前の商品テスト、どんな人を使ったのか疑問だ。スーパーの袋など滅多に持たない男性か、昨今の若くて背が高い、ハイヒールを履いた女の子か...
高齢者の多くは私よりも背が低い女性も多いのだが...

次に、本質的な構造。
これ、要するに手でグリップを掴んで持つという方法で袋を下げることになる。
確かに、高齢者の多くは、手すりよりもグリップを持つ方が掌に力がかけられて良いというモノもある。
しかし、これはどうだろう。荷物を持つ場合は掌が助けにならない。指の力で引っ張るように荷重を捉えることになる。私だったら疲れる。
スーパーの袋は持つ所が「輪」になっている。そこへ手首を通したり、腕を通したりする事も出来る。
しかし、このグリップを持つ方法は、疲れても姿勢を変えられないのだ。

しかも、これにもそれなりの重量はある。こんなものをカバンの中に入れて持ち歩くだろうか?

何にでもケチをつけるという事は容易く、いくらでも言える。更に言うと、

これを紹介されるとき,
「これ、何でしょう?」
と聞かれる。
みんな分からない。
だからこそ、その意外性が自慢らしいのだが...
ユニバーサルデザインのあり方としてあるロン メースの原則の一つに
「単純で直感的に分かる」というのがある。
これにのっけから反することになる。
この商品、ユニバーサルデザインとは何ぞやというセミナーなどのネタによく登場する。
「これぞ、ユニバーサルデザイン!」

理由は...ありがちな背景があるわけだが...自粛。
その次に、ロン メースの理論が出て来る。
突っ込みどころ満載だと思うのだが...

さて、これがなぜ、売れたのか。
確か最初のころは500円くらいだった気がするが、今調べると280円。
最初、銀座のマツヤデパートがユニバーサルデザインコーナーを作った時、置かれた。
置いてあるモノは、シャンプーリンスはあったと思うが...ステッキや、5000円もするようなハサミ。スプーン、お皿...
どれも、高級ブランドモノより遥かに高い。その中で、唯一買っても良い位の値段だったのが、これだった。
この手のものが置かれるコーナーは結構、流行った。今でもいろんな所で見かける。
どれも、普通の人にはバカバカしい値段のものが置いてあるので、唯一無駄遣いしても良いと思うのはこれくらい。
売れるわけだ。
もっと需要としてありそうなのは...ギフト。自分は使わないが、気軽に誰かに上げても良い。
私もどこかのイベントだか何かで貰った。何度も貰った気がする。そういう販売量もバカにならない。
これがおそらく「大ヒット」のカラクリ。

ユニバーサルデザインには、「理論」のバックアップがあるという。
だが、こんなモノも「これぞユニバーサルデザイン!」と言ってしまえる、インチキな部分もある。

これなんか、かわいいモンだが...アレは許せない!ってモノもある。
それは差し障りがありすぎて書けない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

文系は理系をこう思っている。

文系は





理系を単細胞だと思っている

自分は好み的にオタクだけど、彼らは体質的にオタクだと思っている

大地震の時は文系が生き残る。

文系の方が太りやすい

理系はlogとかビセキブンで何でも計算してるので足し算しかできない文系とは時々答えが食い違う。


時には理系を褒めてあげたいんだけど、文系にはどう、言っていいか分からない。

ウルトラマンとか強いヒーローはみんな文系だと思っている。
ショッカーは理系だと思っている。
バルタン星人も理系。
ドクターノウも、Dr.Strange Loveも理系。

文系の方が料理がうまい。
理系の酔っ払いは饒舌になる
理系は勉強家 文系は泥縄の達人
ひらがなが書ければ文系になれるが、理系は割り算ができなければなれない。

文系は理系の理屈の方が正しい事を知っているけど、文系はチカラ技で言いくるめる
チカラ技が効かないときはスルーする。

源頼朝は理系
ゴーギャンは文系
モーツアルトは理系


文系にとって理系の理屈は小理屈
理系にとって文系の理屈は屁理屈

理系の方がゲームが強い
文系の方がうそつき。
意外に理系の方が真心がある
詐欺師はみんな文系
カルトの教祖は文系、参謀は理系。

シンジ君は文系にアヤナミは理系に進学する
アムロは文系 シャーは理系
サリーちゃんは文系 オバQとおそまつ君とケムンパスは理系

理系の人には虚数が見えてる





            文系すずめあせあせ(飛び散る汗)






------

なぜかオトナになっても文系理系で分類できちゃうニホン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

ユニバーサルデザイン/オトナの事情

4年程の前のミクシーの日記を移植


-----


そっち系の某氏と飲んだ。
これも内緒の話。

学生さんたちへの講演の後の懇親会。
ユニバーサルデザインの美しさを語った後だ。

「斜めドラム洗濯機、20万は高いですよね。」
M氏の表情がよそ行きから、フランクに変った。
普通、ユニバーサルデザインの話をする時、値段は語られないのだ。
酔っぱらいの口がすべる。
「あはは。うちだって、20万の洗濯機なんて、買えませんよ。」
M氏は言った。
「私、あの宣伝見た時、ちょっと驚きました。覚悟が見えるっていうか。」
「そうそう、大変でしたよ。あれ、失敗したらオオゴトでしたよ。」
っと、ここからはオトナの話。


以下は勝手な私見なので、内緒。

本当なら6万で買える洗濯機を20万に。
これは普通の戦略じゃあできない。
テレビコマーシャルがかかってこそ。だから、私も初めてあの斜めドラムのコマーシャルを見た時、驚いた。

洗濯機、冷蔵庫。。。シロモノ家電は、宣伝をかけたからって、そうそうニーズが生まれるわけじゃあない。洗濯機はどこの家でも1台、旧来品と新製品に殆ど差は無く、どこの家でも壊れなければ買わない。バカ売れしても限界がある。そこが、今頻繁に宣伝されている液晶テレビとは違う。
だから、競合他社の商品には勝たなければならないが、新しいニーズを掘り起こすという程の力は入らないはず。
だから、今まであった戦略は、その会社が決めた女優さんとかのキャラクターで、差別化をされてきた。日立なら、誰、三菱は誰...と
いう風に。そんなやり方が何十年と続いてきたのだ。

ところが、斜めドラムは違った。「ユニバーサルデザイン!」という特殊性をうたったのだ。
6万で買える洗濯機を20万に

「でも、技術的にむずかしかったっておっしゃってませんでしたか?」
隣に座った学生さんが聞いた。
確かに、回転軸を斜めにするのには大きな技術革新が必要だったろう。だから、その投資を入れると,高くなる。。。
しかし、今、各社がしのぎを削っている、プラズマ/液晶テレビ関係の技術革新、ここにはノーベル賞クラスの革新技術が必要だ。だが、パルセータの軸を斜めにというのはそのレベルのものではないはず。
液晶テレビの価格設定には相当、複雑な戦略が組まれていると思う。でも、この20万は当たり前の数字だったのだろう。

それにしても20万。一般製品との差額は14万。

これは普通の戦略じゃあ越えられない。
相当大きな賭けだったのではあるまいか。

問題になるのは、どれだけ賭ければ、この差額の14万を越えられるか。
少量のコマーシャルでは駄目だ。全く売れないだろう。
大量にかけて、しかも、新聞などでパブリシティ活動をして...それをどこまでやればいいのか。
駄目だった場合は、大失敗なのだ。
ここら辺の計算が一番の課題だったろう。

20万は高い。
洗濯機としては途方も無い値段だ。本当にお年寄りがいて、且つそのお年寄りや子供が手伝うことを期待している家の割合はどの位だろうか。そういう家に、それに期待してもらって14万、余分に出してもらわなくてはいけない。普通の計算では、ありえない。
だから、プラスαのイメージ戦略が必要だったというわけだ。
その危ない橋を渡ることに成功した。
それはすごい。
そしてその賭けのポーカーフェイスがユニバーサルデザイン。

こんな言い方をすると、学生さんはがっかりするだろうか?
でも、当たり前のことなのだ。
ユニバーサルデザインにもこういう「利用価値」があったって良い。
そういう意味でも、斜めドラムのマーケティングは革新的だったとも言える。
これまでは、2万円のIH調理器に音声ガイドをつけて23000円にしたら売れなかったというようなセコイしのぎ合いをやっていた。
これからはそんなの悩みは無くなるかもしれない。(っと願う(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

死刑を増やしたい?/マスコミの誘導

死刑、見直し改正案まとめる
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1505481&media_id=2

1つ前の日記のつづき
いただいたコメントから、気がついて調べてみた。

マスコミは、
無期懲役って言っても、何年かしたら出て来る。
そんな感じに報道してるよね。
そういえば、光市の犯人もそんなコトを言ってた。
少年Aも出て来たし。(ただし、彼は少年で、それはそれなりの論理的背景があるはずなので否定すべきだとは思えない)
いずれにしても、そういう報道を頻繁に目にしているし、終身刑と言っても、みんな出て来るんだ。。。と、思ってしまっている。すずめもそうだ。

で、ネットでググってみた。

仮釈放 率

で、ググると、
http://fine.ap.teacup.com/daiichi/1686.html

出所受刑者のうち仮釈放者の占める割合を示す仮釈放率は、戦後しばらくは6〜7割台だったが、82年に50.8%に落ち込み、84〜04年は55〜58%台で推移してきた。しかし04年56.5%▽05年54.7%▽06年52.6%▽07年50.6%と急速に落ち込み、08年は速報値で50.1%になった。
(中略)
刑期を2割以上残して仮釈放を認められた受刑者の割合も、03年の45%が07年には32%に減少。満期近くまで服役するケースが多くなっていることを示している。


なるほど、
全体の仮釈放率は、かなり高いと感じる。すずめ的にはだけど。


だけど、これって、すべての犯罪をひとまとめにしての数字。
重大な犯罪、死刑に値するような、無期懲役の場合はどうなんだろう


仮釈放 率 無期懲役 犯罪白書でぐぐってみる。


http://www.hokkaido-365.com/news/2010/11/post-1430.html

無期懲役受刑者1772人のうち、09年に仮釈放されたのは6人(0.34%)にすぎない。刑法は、無期の場合、10年経過後に仮釈放ができると定めているが、仮釈放者6人の平均受刑在所期間は約30年2カ月に及んでいる。


そうなんだ!

こんな文言も出て来た。


無期懲役囚の仮釈放は容易ではない。まず、その申請には最低10年の服役が必要だ。さらに、引受人や帰住地環境などが調査され、厳重に審理が行われる。「犯罪白書」(05年版)によると、04年に仮釈放された無期懲役囚数は全無期懲役受刑者1467人中3人。いずれも20年以上服役し、仮釈放許可人員の平均服役期間は27年2カ月(「矯正統計年報」05年版より)である。7年はおろか、十数年で出所できるなんてありえない話なのだ。


なるほどね。。。
今も、無期懲役は、重大犯罪に関しては、出てなんて来れていない。


なのに、
なぜ、私たちは、勘違いしてたんだろう。

無期懲役だと、そのうち、出て来てしまう。
そう思うと、こんな悪いヤツ、出てきてほしくなければ、
死刑しか無いって、思えちゃう。

ちょっと前にも、
陪審員による判決が、「死刑」だったケースがあった。
彼らも覚悟の上、重い判断をしたのだと思う。

死刑ではなく、
絶対に出て来ないなら、無期ではなぜ、いけなかったのか?
相応の理由があったのだろう。


だけど、
何か、不自然さを感じてしまう。
きっと、テレビでコメントしてる弁護士さんや政治関係者は知ってるはず。
なのに、言わない。


なぜ?

死刑を増やしたい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマザキパンはなぜカビないか

ちょい、古いネタかもしれないけど、
思い出したので、
のっけておくね。

ヤマザキパンはなぜカビないか

http://www.ffcci.jp/information/img/kaiho_4-1-3.pdf


時々、聞くウワサ。
いろんな食品には添加物がいっぱい入ってるから、
腐らないんだ。
自然なモノほど、カビる 腐る


普通に考えれば、?だけど、
まあ、ウワサだから。


昔、すずめが気に入ってたパン屋さんがあって、
すっごくおいしかったので、ちょくちょく買いに行ってたんだけど、
ある日、朝買ったパンが夕方、カビてたのを発見。
朝は焼きたてだったのに!

ってコトで、
そのパン屋さんの焼いてる部屋が、カビだらけだというのを想像して、
その後、買わなくなった。

素人でも、そう、思うよね。
パスツールの実験にも、
「きれいな空気」ではカビないって、子供のころ読んだもん。
添加物程度で、そんなに強力にカビルンルンが撃退できるって、どーゆー濃度よっ。
5%程の塩味の煮物だって、カビる時はカビるじゃん。


上のURLは、
「ヤマザキパンはなぜカビないか」という本があって、
その本のデータがデタラメだというのを、医学の専門家が糾弾してる。
「ヤマザキパンカビ」の本はわざわざ読む気がしないけど、
コレは読んでおもしろい。ネットでタラタラ読むのには長いけど。


要するに、
どう、書けば、
素人が、
「科学」っていうコトバを鵜呑みにして信じてしまうかというコト。
詐欺師さん御用達。

以下引用

実験の後の考察から結論に至るまでが、全く非科学的に展開されているのに驚かされる。まず、
実験の前提がおかしい。山崎パンがカビない理由を臭素酸カリウムに結論付けることを目的にし
ているが(中略)しかし、この著者が問題として論じ
ているのは水道水の基準値の20分の1以下も存在しているかいないかの量で防カビ効果を論じて
いるから、奇妙この上もない。


著者はなぜこんな前提で実験を行ったのだろうか?ここには一般人には「発がん性のある物質
は怖い化学物質である。だからそんな物質が入っていればカビが生えない」という実験条件の設
定を素人は納得するという一般人を馬鹿にした極めて悪質な騙しのテクニックがある。


-----


ってのがイロイロ語られてて、詐欺師志望の方には非常に勉強になる。


すずめの応用編


すずめ日記は非常に有用だ。
なぜなら、これは科学的に言えば、熱力学第零法則に合致した情熱によって書かれており、痩せている人も読んでいるので、読むだけであなたも痩せるのである。

-----


まあ、結論を言えば、
ヤマザキパンがカビないのは、
工場として、徹底的に菌の管理を行ってるからだろう。
コレはドアや空調をどうするかによっても大きく違うだろう。
ヤマザキパンはどうなってるか知らないけど、
工場内を陽圧にする。徹底的にフケツなヒトを入れない管理をする。
人の手を限りなく関わらせず、工場の機械の中だけで
こねたり形にしたり、焼いたり。。。。袋詰めまで行う。
それをどこまで徹底できるか。

すずめの好きだったパン屋さんは、
そんなコト、してなかったろう。
春には窓を空けてそよ風を入れてたかもしれない。
もちろん、そよ風は、カビの胞子も運んでくる。
それが住み着いて、ドンドン繁殖して。。。


もちろん、手作りパンには
そういうリスクも含めて、価値があるけどね。

それはそれ、
詐欺は詐欺。

すずめも
ちゃんと勉強して、立派な詐欺師になりたいっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

死刑廃止と 。。。一生安泰な終身刑?


ちょっと前に書いた日記で、
ちょい、ペンディングだったコト。
そのうち,もう一度、調べようと思っていた。


死刑と終身刑

ちょっと、考えてみたい。
だけど、ここでは「冤罪」については除外する。
冤罪の問題は、操作やいろんな仕組みの精度を上げていけばいつかは解決できることで、
そのような、すべての問題をクリアした先にも、
やはり、死刑は是か否かという問題は残るだろうから。

死刑は個人的に、廃止するべきだと思っていた。

社会は、人の命を奪う権利があるのか?
そもそも死刑囚の命は、「誰が」奪うのか。
本当に、「社会」が奪っているのか?
その「社会」とは、誰の意志を反映したものなのか?

中国ではちょっと麻薬を持ってても、死刑。
日本人の運び屋さんが逮捕されて、死刑になったっていうニュースも見た。
「社会」には人を死刑にする権利があるなら、
当然、中国の社会には、主体的にそれを実行する権利がある。
そして、運び屋さんは、それを知った上での犯罪。それが怖かったら、死刑制度の無い国を選んで商売すれば良いだけのことだ。なのに、中国を選んだのは、それなりに「実入り」も大きかったんだろう。


死刑の問題では、必ず言われる「解決策」がある。
終身刑をもっと厳格化し、
出てこれなくする。


実はすずめも、そう、思っていた。
だけど、ネットでパタパタしてて江川紹子さんのこのブログを見て、
そんな安易な問題じゃない。。っと思うようになった。

http://www.egawashoko.com/c006/000308.html

(以下引用)


ある医療刑務所には、戦後の混乱期に犯した事件のために、50年以上収容されている受刑者もいた。
 すでに高齢で、相当に認知障害も進んでいる長期収容者たちは、オムツを当てている。刑務官たちも介護のトレーニングをしていて、夜中でも、オムツや布団が汚れれば手早く交換するなど対応をするので、所内は悪臭もせず、清潔そのものだった。毎朝、看護師が検温や血圧測定を行うなど健康管理も万全。食事は、個人の状態に合わせた療養食を看護師が食べさせる。昼間は日当たりのよいリハビリ・ルームで、日光浴をしたりビデオを見たり、簡単なリハビリをして、体調を維持するように務める。
 健康管理とこまめな介護という点では、なまじの老人ホームより、ずっと手厚い。受刑者の人権を守るという点では、素晴らしいと思う半面、普通の市民がなかなか適切な施設に入れなかったり孤独死などもある中、重罪を犯した人が手厚いケアを受けている光景には、なんだか複雑な気持ちだった。

----


無期懲役とは言え、
高齢になった時、いつまで労働をさせられるのか?
高齢で認知症になった時、彼らに労働をさせる方が、介護よりもっと大変な気がする。
現実問題として考えて。

一般の世間の荒波の中では、高齢で収入が無いと、餓死/孤独死の恐怖まである。
いくら死刑囚で、働けないと言っても、日本国憲法を持つ国で、
働けないから食事をやらないという事ができるのだろうか?

そもそも、死刑囚の基本的人権って、何なんだろう?
生存権を奪われてるんだけど。。。
終身刑というのは、やっぱり、生存権は保証されなきゃいけないんだろうなあ。

よく分からない。

----
引用)

 とはいっても、刑務所に違いはなく、彼らにここを出る自由はなく、塀の中で生涯を終えなければならない。希望のまったくないまま、ただひたすら死ぬ日を待って生きているかのような彼らの姿に、何とも言えない重苦しい気持ちにもなった。
 死刑廃止を訴える人たちは、死刑が非人道的だと非難するが、仮釈放のない終身刑というのは、果たして”人道的”な刑罰なのだろうか……


-----

うん。何か、分かる。


でも、もうひとつ、


すずめ的には、誰にとって『人道的』で無いかというと、死刑囚にとってではなく、
「社会」にとって人道的でないと思うから、反対なのだ。たとえば、永山則夫なんか、ちょっとかわいそうな気がした(そういう言い方しかできないけど)。社会には彼を死刑にする権利があるんだから、彼を殺す。
その社会って、すずめもその一員だ。だから、すずめの意志も反映されたものとしての、「死刑執行」という意志が履行されたのが、彼を絞首台を登らせる行為だったわけだ。そして、それはすずめだけじゃなく、昨日産まれた赤ちゃんの意志でもあることになってる。
すずめ的に、絞首台のボタンを押したく無い。でも、そういう「罪」を、知らない所で、負わされているんだろう。ホントは嫌だ。自分が誰かの死刑執行人になるなんていう非人道的な罪を負いたくないから。


(引用)

それに、終身刑を導入すれば、私が医療刑務所で見たような高齢受刑者をたくさん抱えることになる。医療刑務所を拡充しなければ、追いつかないだろう。
 今でも、受刑者一人あたり年間250万円くらいかっているはずだ。刑務所での医療費は国の負担だから、受刑者が高齢化し、最期の看取りまで行うとなれば、刑務所の経費はますます増える。


-----

結局は、この問題がのしかかってくる。

世間では、貧しい高齢者が路頭に迷うさまが報道される。中には軽犯罪をわざと犯して、刑務所に入る事を望む人すらいると。若い人も、老後にそんな事にならないために、一生懸命働いて、貯金したりする。
だけど、ここは一生安泰なのだ。病気になれば、手厚い標準治療が受けられる。家族のだれも煩わされる事無く。


感情的に言えば、
そんな、死刑囚/終身刑囚人 に、そんなお金をかけて世話をしてやる必要は無い。

って言える。
だけど、国の機関がホントに現実的にそんな事ができるだろうか?

すずめは死刑囚/終身刑囚人 の日常って、テレビドラマとかで見る位しか知らないけど。。。


部屋の外からご飯を入れる窓があって、そこから、毎日、食事が出される?
着替えは自分でして、トイレは室内にあって。。。
なんか、刺激が無さ過ぎでボケそうだけど、ホントに認知症になったら、その差し入れたご飯をこぼしたり、排泄物をまきちらしたり、しちゃうのだろう。介護しないつもりなら、そのまま放置すれば、糞便にまみれてそのうち、死ぬ?悪臭の中で?
その末路が「刑」なのだから、それで良い?
だけど、本当に刑務官はそれに耐えられる?

本当は、現実的で無い気がする。


死刑は是とは言えない気がする。
だけど、その一方で、
この現実がある。

結局、答えは分からないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

越境大気汚染 西日本でかすみ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1507600&media_id=2


最近の日本、
とっても空気がきれいになってるんですよ。

そうなんですか?

ちょうど、今の中国に行ってみると分かります。
空気が何か、重苦しい感じ。
ちょうど、日本の昭和40年代って、ああいう感じだったんです。

ちょっと前、
某省庁のそっち系の方と吞んだ時の会話。
なーるほどって、
思った。

ちょっと、パタパタすると、
こんなデータが出て来る。


<図表>浮遊粒子状物質(SPM)濃度の年平均値の推移

http://www.erca.go.jp/taiki/taisaku/fu_suii.html

粒子状物質とは、固体及び液体の粒子の総称であり、粒径10ミクロン以下の浮遊するものを特に浮遊粒子状物質(SPM)と呼ぶ。ばいじん、粉じん、ミスト、エアロゾルが含まれ、燃焼に伴うもの以外は粒径が10ミクロン以上のものが大部分である。燃焼排ガス中には、炭素、バナジウム等の金属粒子が多く、特にディーゼル排ガス中には未燃の炭素が多い。排出源ではガス状であったものが大気中の反応により粒子化した二次粒子は全粒子の30〜40%に達することもあり、硫酸塩、硝酸塩有機炭素成分を含む。固定発生源対策が進展した一方、ディーゼル車の台数増加などにより、環境基準の達成は、改善傾向にあるものの遅れている状況である。
主な発生源 煙突排ガス、自動車排ガス、粉砕等

http://www.erca.go.jp/taiki/sub_win.html?fu_suii_01.gif:700:357:none


どういうスケール感なのか分からないけど、
昭和49年に
0.16
だったのが、
0.02


8分の1

昔は、
日本もきれいじゃなかったんだなあ。

誰かが一生懸命切磋琢磨して、
きれいな空気にしたんだろう。

ちゃんと、知っておきたいね。


--------

九州を中心とした西日本一帯で今月上旬、「もや」状の大気のかすみが確認された。国立環境研究所などは中国からの大気汚染物質の流入が原因と分析している。中国からの越境大気汚染は10年ほど前から確認されはじめ、排出源が少ないはずの離島でも光化学スモッグが観測されるなど、その影響が目立ち始めている。

 九州大応用力学研究所(福岡県春日市)の竹村俊彦准教授によると、「かすみ」が見られたのは3~9日で、期間中の西日本各地の最低視程は▽長崎の福江島3キロ▽那覇4キロ▽福岡、広島、大阪5キロ--と、見通しの悪い状態が続いた。

 この間、普段は大気1リットル中に5万~20万個の微粒子を、約50万個計測。比較的粒子の大きい黄砂や火山灰などは観測されず、5マイクロメートル以下(1マイクロメートル=0.001ミリメートル)の微粒子が急増したという。竹村准教授は「中国の工場などから排出されたすすや硫酸塩などの大気汚染微粒子が原因と考えられる」と指摘。「越境大気汚染は、風向きが西寄りになる春と秋によく起こる」と説明する。

 これらの大気汚染微粒子は、非常に小さいため吸い込みやすく、呼吸器疾患などを引き起こす原因となる。国立病院機構・福岡病院(福岡市南区)の小田嶋博副院長は「特に6歳以下のぜんそく患者で重症化につながりやすい。食べ物などと一緒に体に取り込むと、アレルギーを引き起こすこともある。実際に今週は小児科で患者が増えているようだ」と注意を呼びかける。

 黄砂は気象庁が観測し黄砂情報を発表しているが、大気汚染微粒子については一般に対して注意を促す態勢が確立されていないため、予防が難しい。小田嶋副院長は「微粒子用マスクは効果がある。また、職場や学校などでもこまめに目や鼻を洗うといいでしょう」と話している。【徳野仁子】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

背景を思う

アパート排気口の上に乳児を裸で置き去り
(読売新聞 - 02月15日 10:40)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1503271&media_id=20

なぜ、裸だったのだろう。何も産む準備をしていなかったのだろう。
産むという自覚も無かったのかもしれない。
自覚というより、「受容」というべきか。
予期せず妊娠してしまって、
パニックのまま、その日を迎えてしまったような。
もしかして、若い女の子だったのではないだろうか?
高校生か、もっと若いような。
だとしたら、誰も、
家族や友人も、
相手の男性も、気付かなかったのだろうか?


もちろん許されることではなく、
擁護できることでは無いけれど。

命の大切さ。。。云々。
分かりきったことではあるけれど、
上の想像の通りなら、
10代の女の子。
誰にも気遣われることなく、
数ヶ月を過ごし、怖かったろう。
そして、命を蔑ろにした罪を一身に受けて、これからの人生を生きていくのだろう。もし、誰も責めなかったとしても、誰にも知られることが無かったとしても。
彼女だけが、一人で。



ふと、
よぎるのは、
日本人は子供を持ちたくない国民だという調査の結果。
子供どころか、人とのかかわりもせず一人で生きる人たち。
完璧な子育てを目指して、何千万もの教育費を投じて1人の子供を育てる人たち。

雪の日に生まれた嬰児に、
たった一枚の産着も用意しなかった母親。

これが同じ国で起きている。

でも、何か、その背景には同じものを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

100年後の美術の教科書

表現の自由だの何だの。。。クズみたいなのが、
ゲージュツだアートだ文化だのって持ち上げられてる現代、
ホントに残るものは何なのか。
価値観は時代によって変わるなんて、
そりゃそうだろうけど、
ホントは良いモノは今だって、イイのだ。

100年後に残るもの。
何だろうって考えてみると分かる。


ってコトで、
すずめが書いた、100年後の美術の教科書。


--------


100年後の美術の教科書


J-テクニズム


J-テクニズムとは、20世紀末から21世紀初頭にかけて起こった芸術の流れ。日本、韓国、中国などの第二世界とユーロ諸国、アメリカなどの第一世界の文化の融合であり、後に第三世界にも広がって行った。
正確には1990年から2020年頃までの、経済活動と連携した文化の流れ全般を示すこともある。
J-テクニズムは2018年、日本の美術評論家、綾波レイによって唱えられた。
Jはジャンクとも、Japaneseとも解釈される。


背景

19世紀末の印象派、その後のシュールレアリズム、ポップアート等の運動の後、20世紀後半、芸術は暗黒の時代を迎える。美術、音楽に限らず、文学その他の分野でも同様だった。唯一花開いた分野は映像であった。

芸術の背景には、少なからず技術的な進歩の貢献があった。それまで工房の中でしか使えなかった油絵の具がチューブで入手できるようになり、画家たちの行動範囲は広がった。戸外の光、時間の変遷に視点をうつした印象派の台頭の背景にも、この技術的な部分がある。
 更には、それまで、いかに、正確に写実し、リアリズムを追い求めてきた古典派の技術が行き着く所まで到達してしまい、写真技術までもが現れたという事情もあった。この時代、もはや、本物そっくりの写実には誰も魅力を感じなくなっていたのだった。
その足場の上に現れたのが、シュールレアリズムや抽象表現、写実を単なる道具とした新しい方向性であった。そして、それをも否定した、新しい流れ、ポップアートが現れる。これらは、それまでの絵画的表現のすべてをやり尽くした上で生まれた最後の創作であった。
この後、芸術界は暗黒の時代、第2次マニエリズムへと突入する。

註)第一次マニエリズムは盛期ルネサンスとバロックの合間、16〜17世紀にかけて

問題1
日本における第2地マニエリズムはどのようなものであったか述べよ。


明治大正にかけて美術界の大きな牽引力であった公募展組織が、家元的ヒエラルキーを作り、統率を行うことによって、閉塞していった。若い作家たちはこの傘下に入らねば制作を続けることができず、多くは制作活動を諦め、残った者も、古い因習と利権の伏魔殿である組織の中で、新しい作品を生み出すことは無かった。その一方で、海外の投資家の商品としての美術制作をする作家たちも現れた。彼らの作品群はバブル的値段で取引されたが、背景には投機的操作があったため、その作品の価値とは無関係であった。
これらの流れは共に閉塞的であり、何ら新しい価値あるものを生み出す事なく、面々と作品が作られ続けられた。本格的なポストモダンアートの流れの無かった日本にとっては、第一次世界大戦後から1990年までのおよそ70年間がこれにあたった。


Jテクニズムと技術背景


アナログ的制作技術の完成とデジタル手法の導入

20世紀後半、当時の文化を牽引してきた大量印刷は技術的に完成されたものになる。
デザイナは自由に写真やロゴタイプを創作し、大衆はそれらを安価に入手、消費できるようになった。一定の質以下のものは無くなり、殆どのものが同じレベルを維持できるようになった。
技術のレベルが到達点に達すると、新しいものを求めるようになる。それは、印刷技術を得た時代、古典派から印象派が生まれた事に似ている。更に、この時代、もう1つの新しい要素が加わった。IT技術の進歩である。それまでアナログ的に制作されてきた二次元、三次元の制作が、デジタル的に操作できるようになった。


商業主義の牽引
デジタル技術による製作物は、大衆の圧倒的支持を受けた。それによって、インフラ整備も進み、更に新しいアプリケーションを育てて行く。こうした資本が後に百花繚乱とも呼ばれる華やかなデザインの流れを作っていく。
特に広告媒体のデザインには高度なものがたくさんあった。また、こうした広告のメディアとしてのペーパー雑誌と呼ばれる書籍のデザインにも秀逸なものが多い。

註)当時は雑誌という紙のメディアが盛んに販売されていた。

多様性への対応
また、IT技術はそれまでの大量生産からローカリズムへの力となり、ユニバーサルデザインなどの視点も生んだ。また物流システムの整備によって、大衆とのインタラクティヴな制作がされるようになった。


ファインアートの終焉
それまで、芸術として価値があるとされていたファインアートはマニエリズムとともに終わり、変わって22世紀までも続くデザインの時代へと変遷してゆく。その最初がこのJ-テクニズムであった。

問2

以下の分野の代表作を答えよ

ペーパー雑誌
nonno, TIME, VOGUE

映像 (作家名で答えよ)
宮崎駿 スティーヴンスビルバーグ 

工業製品
Macintosh PC  iPot  携帯電話 
スカイライン(自動車) 新幹線 

ソフトウェア
Adobe Photoshop

サービス/インフラ
グーグル 

その他


100年後の殿堂入り
(補足いただいたもの)


巨大建築物群(景観としての)上海、NY、ドバイ
微小技術品 ICチップのナノエッチング 血管内カテーテル

ミニスカート
ビキニ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

実物大の科学

むかし、
コドモのころ、
岩崎一彰の画集に萌えてた。

木星の衛星(何だったか忘れた)の赤道から見た、木星の出


木星の環が
垂直に立ってて、
もーっ。かっこよかった。

What If You Put Jupiter Where the Moon Is?


http://gizmodo.com/#!5747691/what-if-you-put-jupiter-where-the-moon-is


それにしても、木星、大きいなあ。
昔、
アイザックアシモフの科学エッセイ好きだった。

当時は4、5冊しか出てなかったけど。。。
その中のどれだったか、
もし、宇宙人がいるとしたら、どれ?
っていうのがあった。

断然、木星!
だと言うアシモフ。
木星の周りは厚い雲
ものすごい重力。
この底に、何かいるかも?


ところで、
このアシモフの科学エッセイ。
最近,調べると、もう、15冊とか?もうちょっとだっけ?
出てた。
改めて見ると、
すずめが学生時代に読んだ空想自然科学入門は半世紀前に書かれてる。
地球から宇宙へ
生命と非生命の間。。。
この本、好きだったので、ずーっと、とってあった。
最近、改めて読んでみると、
今でも、古くない!
ちょい、クオークも出てたり。

空想自然科学入門の
オープニングは、
科学って細分化されてしまってる。
科学の成果イコール、果樹園のフルーツ。
でも、一本一本の木を見るのじゃなくて、
もっと俯瞰して、果樹園全体を見てみようよ。。。
みたいな感じに書いてあった記憶がある。


昔、
マイコンって言葉があった。
何の意味かというと、
MY コンピュータ
自分で作るっていう。
昔は、コンピュータを勉強するって、
BasicやFORTRANを習って、
go toだとか deleteだとかって打って、パチンコゲームを作るとかっていうのだった。そうやって、打ち込んだ画面の上で、小さな●がポロポロと落ちてくのって、すっごく、不思議だった。
プリンタは分解すると、ボールペンが入ってて。。みたいな、ワケの分かるモノだったけど、コレがインクジェットになった時はすごい!って思った。
そういう時代、ガレージで、マックは作られたんだった。

今は、
ワケ分かんない。。。
生活感覚と違う所に、
いろんなモノがあって、
PCから音楽が聞こえても、
画像が動いても、
誰も不思議だと思ったりしない。
もし、冷蔵庫の中でリンゴが踊ったらすっごく不思議だよね。
きっと大騒ぎしちゃって、すずめだったら、みんなにメールしちゃう!
だけど、PCの中でリンゴが踊っても、誰も何も思わない。
昔は、パチンコゲームの●が動いて見えるだけで不思議だったんだけどね。

そうそう、
月。

すずめんちの寝室から見えてる月。
小さい。
アレが、木星の大きさだったら。。。

宇宙っていう遠くて見えないものを
こういう生活の感覚の中に引き下ろしてくると、
何か、不思議さが分かってくる。

もし、
地球のそばに、こんな大きな星があったら。。。
実サイズで考える事を
何か、忘れてた気がする。
実サイズで考えると、
半世紀前の科学の果実も、
ちっとも古くないのかもしれない。

っていうとりとめのない日記。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

火山噴火と大きな地震とのカンケイ?

新燃岳 噴火の間隔短く7回目
歴史上(1600~1900年)の大きな地震の4割は火山噴火の後の3年間に発生してる!
そういえば、阪神淡路大地震(1995)のころ、普賢岳の噴火もあった(1990~5年)
これって、単なる、偶然の一致?
-------
.
すずめは、地震とかの専門家じゃなくて、
単なる素人です。
以下は単なる素人が、
単なる年表の数値を調べた結果にすぎません。
信じるかどうかは、個人のご判断で。
------
.
連日、噴火のニュースが聞こえてくる。
時々マイミクさんちで櫻島のハナシとか聞いてたので、
そんなに深刻に思ってなかったすずめだけど、
事態が見えてくると、とんでもないってわかってきた。
.
で、何となく、
昨日「日本沈没」とか見ちゃった。
ちょっと前の映画。
映画自体はおもしろくなかったけど。。。
.
でも、火山とプレート、地震の関連って、
何となく不気味。
昨夜、暇にあかせて調べてみた。
.
.
ウィキから
日本の地震の年表
と75件
火山の噴火の年表
をこぴぺして 22件
全部で
97件
.
その年度とタイトルだけにして、
エクセルで、年度順に並べてみた。その全部が、下にはりつけたもの。
その中から、火山の噴火の周り、約3年の地震だけを残して、消したもの。
52件
.
.
ただし、1600年から1900年までの300年間
なぜなら、いろんな研究が急激に進んだ20世紀になってからを1600年代ど同じ次元でカウントしちゃいけないと思ったから。(だって1900年以降はものすごくデータが増えちゃってるんだもん)
いくら昔だとは言え、大きな地震や噴火はカウントされているはず。
って、思ったから。
.
.
で、下はその、火山噴火の後、3年の地震だけを残して、残りを消したもの。
52件、残った。
そのうち、火山噴火項目は22件だから地震は30件
.
300年の間に、
年表に残る大きな火山噴火は22件
大きな地震は75件
そのうち、火山噴火の直後に30件が発生してる。
.
300年の間に、
単純計算で、22回の火山噴火の後の3年間って、66年間だ。
ざっと、2.2割。
その期間に、大地震の4割が起こっているワケだ。
.
もうちょっと計算すると、
300年の間に75回の地震ってコトは、
4年に一度。
だけど、噴火の66年間には2.2年に1度の割合で地震があるってコト。
.
ちなみに、雲仙岳の噴火
.
1990年~1995年 雲仙岳
.
なんだけど、そう、阪神大震災は、1995年なんだよね。
もひとつ。
1991年6月 フィリピンのピナトゥボ山。20世紀最大規模。
.
コレもあった。
なんか、火山噴火の後って、ヤな感じがするよねえ。
.
っていう、すずめのデマでした。
--------
資料は、以下
.
.
火山噴火の後3年間の地震リスト
1640年 北海道駒ヶ岳
1640年11月23日 大聖寺地震
1663年 有珠山
1666年2月1日 越後高田地震
1667年 樽前山
1707年 富士山
1707年10月28日 宝永地震(
1710年10月3日 因伯美地震
1716年 霧島山
1717年5月13日 宮城県沖で地震
1739年 桜島(安永大噴火)
1739年 樽前山
1741年 渡島大島
1741年8月28日 北海道西南沖の大島で火山性地震
1769年 有珠山
1771年4月24日 八重山地震
1783年 青ヶ島
1783年 浅間山
1785年 青ヶ島
1792年 雲仙岳
1792年5月21日 島原半島で土砂崩れによる大津波
1793年 2月17日 三陸沖で地震(連動型宮城県沖地震)
1793年 2月8日 西津軽・鰺ヶ沢で地震
1800年~1801年 鳥海山
1802年12月9日 佐渡、小木地震
1822年 有珠山
1856年 北海道駒ヶ岳
1857年10月12日 伊予、安芸、今治で城内破損
1858年 4月9日 飛越地震
1858年 7月8日 東北地方太平洋側で地震。
1888年 磐梯山
1889年7月28日 熊本地震
1891年10月28日 濃尾地震
1900年 安達太良山
1900年 霧島山
1900年5月12日 宮城県北部で地震
----
300年間の大きな噴火と地震の全リスト98件
1596年浅間山
1605年2月3日 慶長地震
1611年 9月27日 会津地震
1611年12月2日 慶長三陸地震
1615年6月26日 江戸地震
1616年9月9日 宮城県沖地震
1619年5月1日 熊本県八代
1625年7月21日 熊本で地震
1627年10月22日 松代地震
1633年3月1日 相模・駿河・伊豆地震 
1640年 北海道駒ヶ岳
1640年11月23日 大聖寺地震
1649年7月30日 武蔵・下野地震
1662年 10月31日 日向・大隅地震
1662年 6月16日 近江・山城地震
1663年 有珠山
1666年2月1日 越後高田地震
1667年 樽前山
1670年6月22日 越後村上地震
1677年11月4日 房総沖地震
1678年10月2日 宮城県北部沖で地震
1684年 - 1690年 伊豆大島
1686年10月3日 遠江・三河地震
1694年6月19日 能代地震
1703年12月31日 元禄地震
1707年 富士山
1707年10月28日 宝永地震(
1710年10月3日 因伯美地震
1714年4月28日 糸魚川地震
1716年 霧島山
1717年5月13日 宮城県沖で地震
1729年 能登半島で地震
1731年10月7日 宮城県南部で地震
1739年 桜島(安永大噴火)
1739年 樽前山
1741年 渡島大島
1741年8月28日 北海道西南沖の大島で火山性地震
1751年5月21日 越後・越中地震 -
1762年10月31日 佐渡島北方沖で地震
1766年3月8日 津軽地震
1769年 有珠山
1771年4月24日 八重山地震
1777年~1779年 伊豆大島
1782年8月23日 天明小田原地震
1783年 青ヶ島
1783年 浅間山
1785年 青ヶ島
1792年 雲仙岳
1792年5月21日 島原半島で土砂崩れによる大津波
1793年 2月17日 三陸沖で地震(連動型宮城県沖地震)
1793年 2月8日 西津軽・鰺ヶ沢で地震
1799年6月29日 石川県などで地震
1800年~1801年 鳥海山
1802年12月9日 佐渡、小木地震
1804年7月10日 象潟地震
1810年9月25日 男鹿半島で地震
1812年12月7日 武蔵・相模地震
1813年 諏訪之瀬島
1819年8月2日 伊勢・美濃・近江地震
1822年 有珠山
1828年12月18日 越後三条地震
1830年12月19日 京都地震
1833年12月7日 出羽・越後・佐渡地震
1835年7月20日 仙台地震
1843年4月25日 十勝沖地震
1847年5月8日 善光寺地震
1853年3月11日 小田原地震
1854年 11月11日 安政江戸地震
1854年 7月9日 安政伊賀地震
1854年12月23日 1854年12月24日 安政南海地震
1854年12月26日 豊予海峡で地震
1855年 3月18日 金沢などで地震
1856年 北海道駒ヶ岳
1857年10月12日 伊予、安芸、今治で城内破損
1858年 4月9日 飛越地震
1858年 7月8日 東北地方太平洋側で地震。
1861年10月21日 宮城県沖地震
1872年3月14日 浜田地震
1881年10月25日 国後島で地震
1888年 磐梯山
1889年7月28日 熊本地震
1891年10月28日 濃尾地震
1892年12月9日・11日 石川県・富山県で地震
1893年6月4日 色丹島、択捉島で地震
1894年 3月22日 根室半島沖地震
1894年10月22日 庄内地震
1894年6月20日 明治東京地震
1895年1月18日 茨城県南部で地震
1896年 6月15日 明治三陸地震
1896年8月31日 陸羽地震
1897年 2月20日 宮城県沖地震
1897年 8月5日 三陸沖で地震
1898年4月23日 宮城県沖で地震
1899年 11月25日 宮崎県沖で地震
1899年 3月7日 紀和地震
1900年 安達太良山
1900年 霧島山
1900年5月12日 宮城県北部で地震

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »