« 昔は良かった? 2 | トップページ | 子ども手当:経済波及効果に言及して欲しい »

2010年10月15日 (金)

昔は良かった?3

えーっと。これは
ちょっと前からしつこく書いてる

日本って悪くなってる?

っていうシリーズです。何回目か忘れちゃったんだけど、
ちょい、ヒネてますので、ご注意くださいませ。

前の回はこの二つ。
こっちを先にお読みいただかないと、誤解されちゃかも。

昔は良かった?1

昔は良かった? 2

もともと、ミクシーに何日にも渡ってボツボツ書いてたモノの
まとめです。
なので、途中で、所々、日にちが変わってたりします。
だいたい、ーーーーって線で切ってます。


----

さーて。
40年前

1968年

あらら、
ダメかも。
要するに、大学紛争の時代じゃないですか。
この後、浅間山荘事件とかあるわけですが。

要するに...世の中が、青春してた。
すずめ的には、「赤ずきんちゃん気をつけて」っていう理解なんですが。


三億円事件

川端康成にノーベル賞

日本初の心臓移植 コレも渡辺淳一ダブルハートで理解しちゃってるんですが。。。
そうそう、和田教授、結果的に不起訴だったんですが、つい最近まで、東京のどこか?で開業されてたそう。。。。っていう余談。

飛騨川バス転落、岐阜県の国道で、集中豪雨のため土砂崩れが起こり、観光バス2台が飛騨川に転落し、乗客104人が死亡。
こんなことがあったんですね。何のかんの言っても、道路整備、進んだんですね。

東大紛争  説明しなくても、ご存知の事件。
今調べると,面白い記述が出て来ました。
『学生の母親たちがキャラメルを配るなどして、自重を呼びかけ、「キャラメル・ママ」と呼ばれた。』

孟子クンちのママだけじゃなく、昨今「ママ」の活躍には目覚ましいものがあります。パパといっしょにモンスターになったり、コドモの入社式にも付いていったり。様々な亜種があり、ヤンママ、教育ママ...ママゴンという新種の猛獣にもなりました。

なーるほど、この時代から「ママ」は健在。がんばれママ!

金嬉老事件(88時間に及ぶ人質監禁、説得工作を同時進行でテレビが放映。犯人は朝鮮人への差別を訴えた)

十勝沖地震


この年の、流行語

5月病:なーんだ。学生さんたちが社会正義を訴えて命がけで火炎瓶投げてるってのに、ナニゴトなんでしょ。

ハレンチ: もー。昔の人は清廉潔白じゃなかったの?


すずめ的には、革マルだ中核だとかって、自らの信じる社会正義の為に、熱く戦った若者のいた時代。
すごいなって、思いますけど。でも、彼等も、就活の為に髪を切り、ムカシの事は忘れて面接官に答えて。。。。
団塊となってイケイケ日本企業の時代を作ったわけですよね。

うん。昔は良かったって、この時代?


ちょっと,調べてみました。

1970年の四年制大学進学率
男子 27.3%
女子 6.5%
1965年は
男子 20.7%
女子 4.6%


確かに、戦後第一次ベビーブーマー。大きな人口を占めるわけですが、その中で、この運動に関わった人たち。
東大やら早稲田慶応。。。ものすごーっく、限られた、選ばれた人たちの集団であることが分かります。
この世代に含まれる、もう一つの集団が

「金の卵」
地方の農村で育ち、中学を卒業とともに大都市圏へ集団就職した人たちです。ウィキペディアによると、彼等の中には、小中学生時代にも学校へは籍だけは置くものの経済的理由で働かせられていた人も少なくないそうです。

何なんでしょうか。この大きな差。
(学生運動の焦点の一つにそれもあったんだと思いますが)
戦後、今のような時代ができるまで、貧しい時代もあったということでしょう。

でも、この時代が良かった。
そういう人は、どちらに視点を当てているのでしょう。
3人に1人の大学へ行く経済力と能力を持ち合わせて生まれた人々か。
小学校から学校へは行かず、炭坑で働かされた金の卵たちか。

底辺の人間を作ることによって、その他の人間には、とても快適な社会を作ることができます。
みんなに快適で、且つ、底辺のいない社会を作ることは、いかに難しいか。。。

上半分にいることが条件で、
この時代を古き良き時代とするのは、ズルすぎですよね。

これ続きです。
---------


なーんか、出て来ません。
理想の時代。
もうちょっと続けてみましょう。

1963年

のっけからでてきました。

三井三池炭鉱爆発事故
一酸化炭素中毒などで458人の死者、839人の重軽傷者を出した。三池争議を招いた会社の合理化で保安対策が怠られ「起るべくして起った炭坑災害」といわれた。
貧しい時代の労働者たち。この後、時代は移り、炭坑は閉鎖され、多くの街がゴーストタウンとなります。


吉展ちゃん誘拐事件
国鉄鶴見事故 死亡者161人、重軽傷者71人。今ほど過密なダイヤの無い時代。今も無いとは言えない事故かもしれないけど、それを防ぐ努力は驚くべきレベルに進歩しましたよね。今の人々の努力には脱帽です。

松川事件、
草加次郎事件

一番の大事件は
ケネディ大統領暗殺

こんなこともありました
【三矢研究】 防衛庁の統合幕僚会議が「中国と北朝鮮が韓国を攻撃」との朝鮮有事を想定した図上演習「三矢研究」を極秘でまとめた。徴兵制や米軍の核持ち込みを肯定。  国会で暴露(1965年)

バナナが輸入自由化。
昔の人の話に、バナナは高級フルーツだったってのが出て来ますが、
そっか、この日を境に、バナナは庶民の味になったのね。

物価は。。
• 【電話】住宅用電話基本料金 770円
• 【公衆浴場】23円
• 【教育】国立大学授業料 年額1万2000円
• 【飲食】ビール115円

この年の流行語

TPO(すごい。こんなころからあったんだ!)
三ちゃん農業(社会で習いました)

日本が豊かになりつつある時代ですね。

もうちょっと遡ってみましょう。
1958年

定期船「南海丸」沈没
狩野川台風
売春防止法実施
皇太子が婚約
勤評反対闘争 (日教組は勤務評定に反対)
一万円札発行
アジア大会開
催詳細関門トンネル開通

大卒の初任給は1万3467円

フラフープ、スバル360、スーパーカブ。

世の中が豊かになっていくのが分かります。

なんと。バレンタインチョコレートって、このころなのね
テトラパックの牛乳、チキンラーメン、グリコアーモンドチョコレート
おおっ。
すずめ的には良い時代到来?

おや?
一億総評論家時代(大宅壮一)
こんな言葉、この時代からあるんですね。
まだまだ今程マスメディアが発達していなかった時代。
それなのに、みんな、同じ方向へ走ってた。。。?

団地族
同じ、ふぁっしょん、ライフスタイルを追求して。。。みんな同じ。

ながら族:テレビやラジオの音楽をききながら勉強をするのが習慣になった若者たち。

おやおや、おとーさんの時代じゃなくて、おじーさんの時代っから、そうですか。

でも、昨今のゲームとか、何か流行るとみんなで飛びつくとか。。。
今に始まったコトじゃないってワケですね。
この頃はまだまだ、今みたいに何度も連呼できるメディアがそうそう無かった時代。
それなのにみんな同じ方へ走る走る。
日本人って、っていうより人類って、そういうイキモノなのね。

ところで、「族」ってコトバ、いいかも。
今でいえば
ながら族 = ながら〜
ってカンジ?
団地族は だんち〜 .....うーん。イマイチ〜。

寒っ ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい


ってのはともかく、
グリコアーモンドチョコもあるし、女の子はみんなフラフープでボンキュッパのトランジスタグラマーになっちゃうし、世紀の大発明のチキンラーメンは出るし、うん、なかなか良い時代。

ようやくやってきました、バラ色の時代!

っと、すずめはアーモンドチョコにつられて、こういう結論になっちゃうワケですが。。。

ガーナチョコファンから苦情が出そうなので、一応調べます。


ちょっとパタパタしてみましょう。

この時代、ってか、まあ、50年代から60年へのあたり。
チョコだのバレンタインだの、
三種の神器だの。。。って、イロイロ豊かになってきたわけです。
でも、イケイケって人たちばかりじゃなかったようです。

日本の貧困の歴史ってカンジにぐぐると、こんなページがでてきます。
http://www.waseda.jp/sem-muranolt01/KE/KE0110.htm

以下引用

1950年代になると、生活保護世帯の消費水準とほとんど変わらない水準にある集団を、「ボーダーライン階層」や、「低消費水準世帯」と位置ずけるようになった。(中略)いずれにしても戦後日本の貧困概念が、応急的な「生存」水準を持って行われたため、人間らしい「生活」が中心となり得なかった。そうして1960年代から本格化する高度経済成長を経て、そのような水準の貧困は、あたかも消滅したかのように考えられるようになったのである。
(引用ここまで)

要するに...
チョコだバレンタインだっていう時代になっても貧困層はまだまだ取り残されてる訳です。
この時代の貧困は、今みたく、携帯持ってたり、クーラーで涼んでたりしません。ワーキングプアーなんて、当たり前すぎ。(今はワーキングしてるのにプアーなんておかしいから新語になるんでしょうけどね)
生活保護とは、生存できないレベルを救うものだったんですね。

うーん。
チョコもあってバラ色時代のように見えますが...
そのバラ色さは、こんな層を置き去りにしながらの豊かさ。
そういうのは見なかったコトにすりゃ、良い時代が、ぼつぼつやって来たってコトでしょうか。

さて、
昔が良いっていう方々、
あなたたちの、お好みの時代はコレですか?

----


しつこく続きです。


行けども行けども出て来ないバラ色時代。
もー、ダメそうですけど、まあ、もうちょい、遡ってみます。

1953年
この年、風水害が相次いだようです。
まだまだ、国内の治水が不十分、命はお天気任せ。十分な保証もなく、自然の猛威はそのまま人の人生を変えていたんでしょう。

バカヤロウ解散、総選挙
おおっ、ナイスなネーミング。
こんなの覚えてるヒトとかいなさそうなので、調べてみると。。。

衆議院の予算委員会で、右派社会党議員西村栄一の質問に対して吉田首相がイライラした調子で「バカヤロウ」と発言した。でもって、ナンノカンノで吉田首相は衆議院を解散し、「バカヤロウ解散」と呼ばれた。
なーるほど。

中国、ソ連から引き揚げ 2月15日に日本側3団体代表が、北京で中国紅十字会代表と会見し、3月5日に共同コミュニケを発表した。これに伴い第1次引き揚げ船「高砂丸」「興安丸」が3月23日に真鶴に入港した。

李承晩ライン問題化
李承晩ラインは、日本漁船のだ捕や、竹島を域内に含めていることから、日韓間の外交問題に発展した。日本政府は国際法違反として韓国に抗議、抑留された漁船員の釈放などを要求したが、交渉は数次にわたり物別れに終わった。  李承晩
ライン設定(1952年)

全国的凶作相次ぐ
風水害をもたらした異常気象で、稲作は1934年以来の凶作となった。

戦後復興、ただ中の日本。
けれども、人々は一生懸命生きてきました。朝鮮戦争があったのは50年。特需の後で、そこそこ豊かになりつつあった時代。
この3年後の56年の経済白書では「もはや戦後では無い」という言葉がでてきます。

豊かになりつつあり、人々の心も希望に燃えていたのでしょう。

いえいえ、そんなに甘くないかもしれません。
この頃の進学率。
1950年代は男女平均、13% うち、女性は2%ちょっと。
それだけじゃありません。高校進学率すら、1955年は51.5%
1950年には 男女平均で42.5%
そのうち、女性の高校進学は36.7%

豊かになったとはいえ、まだまだ、高等教育を受ける人たちは、こんなに小数。
別に学歴だけがすべてじゃ無いのは当たり前ですけど、社会で発言力を持つことができるのは、この時代、それが必須。
何よりも大きいのは、女性の進学率が2%の時代には、90%の女性には、その選択肢は決してあり得なかったということでしょう。女性であるというだけで、家の中に閉じ込められる運命にあったのです。彼女らは、親に従って嫁に行き、姑に従い、女三界に家無し。教育も受けることなければ、反抗する言葉も持てません。こういう人々が、自分たちの人生を犠牲にすることによって、介護や貧困の問題をすべて引き受けてきたわけです。今も、誰かを人身御供にできたなら、介護問題は一挙解決でしょう。

昨今、二極化が問題になりますが、こうして見ると、日本の歴史の中で、日本人が平等に教育や様々なチャンスを与えられて来たという時代は、未だかつて無かったようです。高等教育を受ける人間と、小学校から炭坑で働く子供...人の人生は普通に、それぞれ違いました。50年前は、もはや二極化というより、特権化。
確かに,自分がその特権を持つ条件にいれば、昔は良かった。。。は成り立ちます。

けれど、こう、考えてくると。「時代はどんどん悪くなる」「今の人も政治もみんなバカ」....要するに,今までは良くて、っていうことに他ならないこのという台詞は、だんだんとものすごーっく、嫌らしい響きに聞こえてくるようなってきませんか?だって、特権階級のことしか、頭に無い、台詞なんですから。

もっと視点を切り替えて欲しいな。
「今はみんなバカ」
じゃなく、私たちもともとバカなんです。
昔若者だった今の年配者もバカでしたよね。
年金の問題も、私たちバカだったし、
そのバカをどうすればいいのか、バカの力じゃ分からないんです。
それを理解して欲しいと思います。
そして、
バカと批判される方は是非、その高い鑑識眼で、
「具体的に」おっしゃっていただきたいと思います。

そして、具体的におっしゃるようなことをホントにやろうとしたら、どういう困難と副作用があるのか、なぜ、今までそれができなかったのか。というのをちゃんと現実的におっしゃった上で教えていただきたいと思います。

今までの私たち、一生懸命だったんです。バカでも。


----------


もー、しつこすぎなので、これでラストにします。

あ、以下は、とっても逆説的に書いてますので、
ご注意ください。ここ何日かの間の続きのラストです。


これ以上遡っても、あんましバラ色は出て来そうも無い気がします。

戦前、大正、明治...言うまでもなく、この特権化はますます大きくなります。野麦峠、蟹工船...
かわいそうね。というより、社会の底辺に生まれた人々には、その運命から這い上がるすべはありませんでした。
その上になりたった、大正ロマン、モガ、モボの華やかな文化。


江戸時代の平均寿命は、40歳。乳幼児の死亡率が高いことを入れても、せいぜいに人生50年。
高齢者問題も無いはずです。姥捨てという方法もありましたし。障害を持っていたら、成人できたかどうか。
文句を言わず、言うすべもなく、人生を犠牲にして、重労働に耐える階層がいれば、その他の人々にはさぞ、居心地の良い社会になるでしょう。彼等は歴史に自分たちの叫びを残すすべすらありませんでした。死亡率という統計としてしか。


理想社会を作るにあたって、「階級」ほど便利なモノは無いかも。
そこに生まれれば、問答無用ですから。(それから考えると、学歴の何と公平なことか。)

現代の社会が持つ問題、そのすべてを、江戸時代の社会制度に戻せば、一挙解決です。

士農工商...農民から搾取した税金で、武士だけを支えれば20代からゴージャスな老後が楽しめます。商人、工人は自分たちだけで厚生年金を作ればいいでしょ。産業従事者だけの組合だし、人口比率を考えても、40歳から豪勢な年金暮らしに入れます。百花繚乱の江戸風文化もそんな背景が匂いますね。これも階級間で乖離してましたから。今だったら、セレブ文化って呼びましょうか。介護問題は女性が全部担当。施設整備はいりませーん。
農民階級は、車もエアコンも使いませんから、美しい田園地帯が環境保存をしてくれます。食料自給率なーんて問題とも無縁。公衆衛生も悪いので、どんどん死んでいきますから、人で溢れることもありません。すっばらしいじゃないですか。ただしアナタが農民に生まれなかった場合に限ります。もし、お家が農民だったら、ざーんねんでした。人生、即、投げてください。。。。


明治維新、昭和の最初まであった身分制度。こんな便利なものだったんですね。
昔は良かったって言うヒトが多いワケだ。

それを払拭するのが、いかに大変であったか。
今なお、その禍は残っているのでしょうけど...

それともう一つ、北朝鮮や中国がどーのこーのって言ってますが、
彼等の歪みも、今まで私たちが通ってきたモノでもあるんですよね。


私たちが、作って来た社会。変えてくる事がどんなに困難で、意義あるものだったか。

遡れば遡るほど、問題が大きくなります。
江戸時代よりも、戦国時代はもっと.....その前はどんなに弱者は哀しい人生を強いられてきたか。私たちは、確実に、それを変えてきたのです。

今、私たちが作ろうとしているのは、犠牲者の無い社会。私たちが今,生きるのは80歳を超える平均寿命を持ち、障害を持っていても、社会で働くことができる社会です。
望めばすべての人が大学教育を受けられる時代は、かつてありませんでした。今、初めて私たちが経験するものです。今も尚、貧困の問題はありますが、それはかつてのように、身売りや間引き、餓死を意味しません。そして、その割合は、かつてのようなものではありません。
人の心の中までは比較するすべはありませんが、彼等が、その階級差別意識の存在にも関わらず、とんちゃく無く生きていたとしたら、今より豊かであったとは、言えなさそうです。確かに今なお、歪みはあります。だって、私たちはいまだかつて、人類が持った事のない、社会を作ろうとしているのですから。


その歪みへ不満を持ち、「日本はどんどん悪くなる」「XXXは間違っている」と言う人々。じゃあ、いつが一番良い時代だったのか、....そう思って、遡ってみましたが、日本の歴史の中、どこにも今と比べて良い時代など、ありませんでした。


昔は、もしかしてそれほど良く無かった。
何を、どう、変えてきたのか。
それは、これから、私たちがどう、変えて行くことができるかを教えてくれそうな気がします。


コメントで、どなたかが、「今」っていうのは、もはや過去
っておっしゃってましたが、
そうかもしれません。
私たちが今まで経験してきた時間の中で、
今が最良。
そして、その「今」はもう、過去であり、
明日は、もっと良い!


結局オチはノー天気なすずめでございます

|

« 昔は良かった? 2 | トップページ | 子ども手当:経済波及効果に言及して欲しい »

すずめ的妄想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/37238405

この記事へのトラックバック一覧です: 昔は良かった?3:

« 昔は良かった? 2 | トップページ | 子ども手当:経済波及効果に言及して欲しい »