« 仕分けされない為に欲しい結論 | トップページ | 管理者会への一里塚 »

2010年10月20日 (水)

自転車乗ろう:3割が自転車通勤の国

ちょっと前、 エコロジカル フットプリントの記事があった。 その中で謎だったのが、デンマーク。 2010年のランキングでは、アラブ首長国連邦、カタールに継いで世界第3位なの だ。 その前年は5位。世界最高の幸福な国民がなぜ? と、いろいろ調べたんだけど、でも、理由は出て来ない。 そんな中、非常に興味深い記事があった。 デンマーク: http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100924/246211/?P=2 首都では 上の記事は、その経済戦略的背景がテーマなんだけど。。。 おもしろっ、都市部では3割自転車か。。。 そりゃイイじゃん。 って思うんだけど、でも、日本がそれをそのまま踏襲できるワケ無い。 たとえば、自転車で通える程度の所に家が持てるかどうか。 遠すぎっ。って思われるかもしれない。 だけど、そうだろうか? もしかして、現実的な範囲かもしれないヨ。 どれほど遠いかって、なかなかイメージできないかもだけど、ちょっと例を言う と、 東京の人口で最も多い世田谷区。そのど真ん中、奥沢から新宿副都心まで自転車 で行くと、片道、およそ11km。 大手町だと14km。 自転車の時速って、シティサイクルでも、15km/h~18km/h 位とか。合理的な道 順を通れば、1時間位? でも、世田谷とたとえば都心の職場。距離的に大したコト無くても、電車で行っ ても意外にかかる。乗り換えだけじゃなく、駅から目的地までの徒歩の距離もバ カにならない。たとえば、駅から徒歩10分の東急線沿線に住んでても、新宿から徒歩5分のオフィスに通うためには、1時間は見るはずだ。 でも、自転車でもきっと同じ。1時間なのだ。 だったら、どうだろう。 自転車通勤、アリじゃないだろうか? 全行程自転車じゃなくても良いかもしれない。 たとえば、埼玉から日吉に通うんだったら、 ミサトから北千住まで12km そこから電車に乗る手もある。 若い女の子の犬とか、散歩がてら一緒に連れてってのも可能(ウソ) ね。いいじゃん。誰にでもできるじゃん。 さて、じゃ、考えてみよう。 ニホンを救う自転車通勤!すずめプロジェクト。 先ず、どういう整備が必要か。 大きなものは、労災かもしれない。たいがいは電車で通うことになってるだろう。そのルートでなければ、ジコっても労災が降りなかったりする。なので、雇用者側の対応が欲しい。 せっかくがんばるんだから、せめて、電車で通ったのと同額の交通費は欲しい。それから社内に自転車置き場も。 それから。。。 一番欲しいのは、道路だ。 自転車は今までかなりアバウトに歩道を走っていた。(えっ?すずめだけ) 本当は歩道って言っても、二種類あって、人しか通れないものと、自転車と人、両方通れるものとあるんだけど、この歩道の標識があるところって、すずめの知る範囲では限られてる。小さい歩道なんかには無いし、あっても歩行者専用だろう。 自転車の交通については、ココにいろいろ出てる http://www.geocities.co.jp/NatureLand/2091/dokoho/index.html でも、自転車の法規って酷いもあるんだね。 http://www.geocities.co.jp/NatureLand/2091/dokoho/63-7kousaten/kousaten.html ところで、お天気が良いとフラリと夢の島まで出かけちゃうすずめだけど、 乗りながらあぶないなあ。。。っと思う場所がいっぱいある。 たとえば、玉堤通り。狭いのに、車はびゅんびゅん。歩道は自転車がオッケーの標識は無い(たぶん)なので、走れない。 狭いギリギリの道路の端を自転車で走るんだけど。。。 左側通行してると、後ろからビュンっと車が過ぎる。そのギリギリさにうろたえて、フラリとすると、きっと、次の車にはねられちゃう。 車にギリギリの場所をビュンっと過ぎられたくなければ、ちょっと車道に飛び出して、後ろから来る車が注意して避けなければならないように、走ると良いかもしれない。 迷惑そうなのでっていうより、怖いので、やる度胸無いけどね。 (ちなみに玉堤通りはすぐそばを多摩川河川敷のサイクリングロードがあるんだけど、登れるところは限られてるのだ) 他にも、枚挙の暇が無いほど、危ないところはいっぱいだ。 そもそも、自転車がこの世に存在することを考えないで作られてる。 交差点なんて、酷いと言うより、謎。 最近は、自転車のマナーが問題になってる。 歩行者を怪我させた場合の訴訟額も大きいものがあったりと、今までアバウトだったしわ寄せがイッキに噴出してるんだろう。 飲酒や他、いろんな問題もある。そういうのは論外だけど、 単純なマナーに関してはどうだろう。 車道を走らなければならない自転車。 だけど、危ない。そうすると、車からは「邪魔者」扱いだ。 車にとっても当然、危ないんだから。 それで、歩道に入ると、入っちゃいけないんだから、もちろん、邪魔者だ。 マナーと言われるより、車が王様の道路で、いる場所が無いのだ。 って言ってると、 わざわざ自転車じゃなくて良いじゃん。徒歩で。 この間、子供、3人乗せてる人見たよ。危ないよねえ。 なーんて言われるかもしれない。 だけど、生活者にとっては、他に選択肢が無かったりする。 たとえば、お母さんの通勤/保育園の送り迎え。幼児1人の場合は良い。駅までの10分の道のり、ベビーカーで。 だけど、2人、2歳と4歳の子がいたらどうすればいい?4歳の子は10分の道、歩く日と歩かない日があるんだよね。眠かったり疲れてたりすると、歩かない。 保育園の帰り道は洗濯物もいっぱいだ。抱っこしたら持ちきれない。 双子用ベビーカーなんて買えない。自転車なら二人乗せられるけど。 そもそも、 街の中で車だけが王様だってのがおかしいのだ。 ガソリン税、払ってることがそんなにエライかっ。 誰もが気付いている通り、 石油依存の生活、いろいろ問題がありそうだ。 すずめ的にはCO2議論はウソだって思う。 だけど、石油を燃やさないようにっていう方向性は正しいだろう。 結局は、世界のオイル系の闇のシガラミに依存してしまうことになるから。たぶん、CO2温暖化プロパガンダの本当の目的は、そこにあるんじゃないかって思ってるぐらい。 ホントのこと言うと、通勤を自転車にしようってのは、方便だ。 なぜなら、殆どの人が通勤には公共交通機関を使ってるから。どうしても減らさなきゃってモンじゃない。 本当に減らすと良いのは、営業やシゴトカンケイの車。 平日の昼間、道路を走ってる車をみると、みんな1人しか乗ってない。全国の車の乗車率って、昔見たことがあったけど、たしか1.3人?とかだった。 アレ、減らすべきだ。でも、減らそうって言ったって、今の道路状況じゃ、だれも会社のシゴトで自転車乗ろうなんて思わないだろう。 先ずは、自転車の環境を整備すること。そのためには、都心でもっと乗る人を増やすべきじゃないかな。 今、都心で乗ってるのって、ガイジンと若い男の子だけだ。 みんなが乗るようになったら、整備にお金をかけても価値があるってことになる。 みなさま、 自転車、乗りましょう! 美容と健康と、 青空のため。 すずめプロジェクト会員募集中!

|

« 仕分けされない為に欲しい結論 | トップページ | 管理者会への一里塚 »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/37316470

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車乗ろう:3割が自転車通勤の国:

« 仕分けされない為に欲しい結論 | トップページ | 管理者会への一里塚 »