« サンデル教授@東大 すずめの感想 & 妄想 | トップページ | すずめ的公共哲学風妄想 »

2010年9月22日 (水)

検察:幼稚な言い訳  村木氏事件


敏腕検事、なぜ正義を見失う?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1349645&media_id=2


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100922-OYT1T00116.htm?from=rss&ref=mixi


フロッピーディスクを書き換えたって?
それが、今になって分かった??

言い訳としてはあまりに、幼稚じゃないだろうか?
要するに。。データの保存年月日が事実と合ないということだけど、
それって、画面上あまりに明らかに出て来てしまうものだ。誰も気がつかなかったなどと、あり得ない。データを開く前に、リストを出した時点で、
誰でも一発で気づくはず。
というより、デジタルデータなんて、「いつ」作ったかが一番の「証拠」なんだから、先ず、最初に確認するはずでしょ。

だけど、本当は、それでも、まだ、疑いを持って良い。
なぜなら、この保存年月日は、簡単に変えられるのだから。

PCのクロックを3年前にして、保存すれば、3年前の保存年月日になる。
そんなのは、中学生でも知ってるコトで、検察さんは、それシキのテクニックも使って無い?


更に言えば。。。
写真だって、デジタルなら、ホントは怪しい。
画像処理では何でもできる。
誰かと誰かが会ってる写真とか、簡単に顔を変えたり、場所を変えたりできるヨ。でもって、もちろん、クロックも好きな日に設定すれば、どんな証拠でも作れちゃう。だから、昔ながらのネガ/フィルムカメラでの写真で、っていう方が証拠には良いのかもしれないけど、もちろん、こういうプリントアウトを複写すれば、ネガフィルムだってできる。(デジタル写真の粒子を複写してしまったら。。?って思うなら、微かにピンボケさせりゃ良い)

言っとくけど、↑は特殊なテクニックじゃなくて、ちょっと、賢い高校生でも知ってるし、簡単にできちゃう。


っていう今日このごろ、
データの保存年月日を確認しなかった?
馬鹿馬鹿し過ぎ!
ばっくれるなら、もうちょっと、賢いコト言うべきじゃん。


むしろ疑問なのは、そんな明らかな、幼稚とも言えるポイントを、なぜ、今日になるまで、弁護してる人達にも気づかなかったのか?
まさか、みんなして、気がつかないフリをしていた??
心配しちゃうのは、こう、明らかになってもまだ尚、彼女の周りは敵ばかりなんじゃなかろーっかって言う事。


怖い世の中だ。
伏魔殿に入ったら最後、
どんな罪人にもされちゃうってコトかもね。

以下、引用
-----

 ところが、押収したディスクには、偽証明書作成の最終更新日時が「04年6月1日午前1時20分」と記録されていた。


 前田容疑者は逮捕前の聴取に対し、「FDのデータをUSBメモリーにコピーし、上村被告による改ざんがなかったか調べたが確認できず、中身を書き換えて遊んだ。USBのデータをいじっていたと思ったが、公判に入ってから、FDの方を書き換えていたことに気付いた」として、故意であることを否定していたという。 

|

« サンデル教授@東大 すずめの感想 & 妄想 | トップページ | すずめ的公共哲学風妄想 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/36868622

この記事へのトラックバック一覧です: 検察:幼稚な言い訳  村木氏事件:

« サンデル教授@東大 すずめの感想 & 妄想 | トップページ | すずめ的公共哲学風妄想 »