« サンデル教授@東大 レポート | トップページ | 検察:幼稚な言い訳  村木氏事件 »

2010年8月28日 (土)

サンデル教授@東大 すずめの感想 & 妄想

さて、すずめの感想 & 妄想

サンデル先生のいろんな内容。

結局は、


libertarian /libertarianism

VS

communitarian /communitarianism

ってなるのかもしれない。
何か、日本語にしにくいのは、communitarianismって、辞書には共産主義って載ってる気がするから。番組の翻訳でも、
リバタリアン コミュニタリアン とカタカナになってた。(他では分からないけど)


こういう話題になると、結局は誰もが極論を論じる。
5人の命 VS  1人の命


「じゃあ、6人とも全員、死んだっていいのね」
「じゃあ、アンタ、共産主義が良いの?北朝鮮に住みたいってワケ?」

ってな感じになる。

確かに,いろんな複雑な要素を絡めてしまったら、本質が見えなくなってくる。だけど、論点って、そこだろうか?
別に、私たち、ある日突然、全員がコミュニタリズムにハマっても、そんな明日から共産主義になるワケない。みんなが送っている日常生活はもっとアバウトで、刹那的で、温かいはず。


確かに、今、国会で論じられている、医療費や年金の問題の中核には、
個 VS 社会
があって、自らのサスティナビリティをかけて、赤か白か、1万円か、3049403909円(デタラメ)なのか、解答を出さなきゃいけない。
その行為、それから結論は全部、普遍化させて哲学論にまとめることができるだろう。
そして、哲学論には、たとえば、ソクラテスメソッドのような、解答を導くための方法論や、その哲学が持っている、結論への一定の是とする方向性があるんだろう。
だけど、本当に、そこから、解答を導いたとして、それは、みんながハッピーになれるものなのだろうか?
もし、日本が求めた「結論」を哲学が肯定したら、それは
「哲学者さんも肯定するんだし、きっと正解なんだわ。」
って思って良いものなんだろうか?

そういうの、ちょい、疑問だ。
そして、その疑問は、また、後で書く、ちょい怖い危険にまでつながってる気がする。

もうひとつ、
すずめがちょい、気がついた、コト。


サンデル教授の出したどの命題も、答えを出せと言われたら、出し辛いものばかりだ。あそこで意見を「黒です」「赤です」「ヴィリジアンライトチントです」トカナントカ、言った人達も含めて、どちらか一方が「正解」と信じてる人はいないだろう。誰もが、両方の可能性があり、日によって、相手によっては、赤になり、プルシャンブルーになったりする。そして、それを確固たる信念を持ってる風に言う時もあれば、まあ、チョイ、そう思うんだけどね.位のときもある。
だから、少なくとも多数決することに意味が無いのは確かだ。
だけど。。。ちょい、すずめが気がついたのは、
多数決するなら、良いテクニックだってコトだ。


どの命題も確固たる答えは無い。だから、すずめみたくアバウトなヒトは、どっちでも良い。
だけど、
「東南アジアとか韓国に後の世代も謝罪しなさい」
って言われれば、それは、大変だなあって思う。
だけどね、「白村江の頃のまでって言うはず無いんだから。。。なら、いつまで?」
って考えると。。。
何か、答えが出てきちゃう。だって戦後65年。昨今、戸籍上200年生きてるヒトもいるけど、普通は、あと、30年程。お母さんを殺されて,哀しい運命を辿った人をプラスしても、あと50年。しかも、その人口はどんどん減っていく。。。
ってすると、それって、いくら?
って、かなり有限な数字になってくる。
その数字があると、そもそも、どっちでもいっかってすずめみたくアバウトな人には、「じゃ、オッケー」って、言いやすくなる。

極論対極論だと、絶対オッケーできないけど。
この
個 VS 社会
では、「ここまで」っていう線引きをしてやることによって、
劇的に許容度が増す。

ところが。。。
いつも語られるこの論争は「限界」を提示しない。
自由診療を許したら、日本はアメリカみたくなって、みんな死んじゃう
とか
プライバシー侵害法律を作ると、すずめのハダカも全部見放題

みたいな。。。でも、実際、すずめのハダカなんて見たいヒトいるワケ無いし、そういう極論は無意味なんだけど。。そういう反論をしてる。
実際は、一つ許すと、ずるずるどこまでもどこまでも許していく図式が怖いからNOなワケだ.消費税だってそうだったしね。
だけど、この「どこまで」という限界を論理的に担保できれば、
ヤブサカじゃないよ。そういうの、学問の世界ができないモンなんだろうか。


っていうすずめの感想、その1


さて、次はすずめの妄想的感想  


ちょっと前、NHKの番組で
色付きの悪夢

みたいな名前の番組があった(調べれば分かるかもだけど)

これ、要するに。。。
戦時中のいろんな白黒フィルムを画像処理して、カラーにしているのだ。
その当時のいろんな文献や遺物をもとに、「色」をつけていく。
軍服の色は博物館に残ってるのはコレだから、モスグリーンに
みたいな。

そうすると、
わあ、ノーマンロックウェルみたいじゃん。
な〜んて、バチ当たりなすずめは思っちゃう。
あ、ごめんなさい。こういう軽いヤツなんで。。。

そして、
わあ、ヤバっ。っと思ったのが、ナチのフィルム。
誰かについ、口を滑らせたら、
「そんな事、言うべきじゃないでしょ!」っと怒られちゃったけど、
正直、
ヤバっと思うくらい、カッコ良かった。
あの色、単なる赤じゃなく、緋色っぽい、それでいて、ワインカラーのようなコクのある赤。
めちゃめちゃ、イイ。
ナチに対して、いろいろもちろん、知ってるけど、
目に焼き付いてしまった色,カッコ良さは忘れられない。
多くの人が煽動されたのが良く分かる。

つくづく。。。あの時代に生まれないで良かった。。。

さて、サンデル先生はもちろんヒットラーとは似ても似つかないんだけど。


この講義、ホント、魅力的だった。
素晴らしかった。
刺激に満ちていて、感動しちゃった。

こういうの、良いよね。
また、他の人でもやったら、おもしろい。

たとえば、温暖化に関してもいろんな議論があるけど、
こうやって、聴衆を巻き込んでいくのってどう?
マイミクの宇宙人教授がやったら?
あ、宇宙人教授より、
もっと、若くて、イケメンで。。。っていう人選したら、
若いミーハーな女の子も来るかも?

もちろん、イケメン教授にはベテラン教授程の能力無いだろうけど、
だけど、パフォーマーとして訓練させればどう?

こういうの、演出、大きいよね。
聴衆を当てる時の視線とか、切り返しとか、
最初に『アキラ君』みたいな子を用意して。


サンデル先生の授業は、大学の中の、学生へのものだった。
そして、彼は決して、自らの哲学の方向性を学生に押し付ける事無く、学生たちを、自然に、自ら考える人となるよう、育てた。。。
だけど、もし、ここに何らかの意図をもって、恣意的に、構成してったらどうだろう。パブリックミーティングに出て来る政治家さんは、それほど、魅力的じゃないけど、タレント事務所から探してきて。。。
たとえば、消費税上げても良いよねとか、年金チャラにしよう。。。とか。
何らかのテーマを恣意的に訴えていけば。。。

すずめみたく、能天気なお調子モノは、ソッコーで洗脳できちゃう。

最後の鼎談では、
しきりに「大学同士でコラボ」みたいなのを言ってらした。
それを聞いて、
あらぁ〜。大学だけじゃなくて、オトナにも開放して欲しいじゃん。
って、トウのたったオトナたちはみんな思ったはず。
だけど、コレを市民相手に初めて。。。。
そのバックに、電通だのナントカタレント事務所だのが関わってきたらどうなるか。。。


世の中のみんなが理性的で賢いワケじゃなく、
すずめみたいなヒトもいるんだし、そっちの方が人数的にも多いんだし。


なんていう、事が頭をよぎるぐらい、
ヤバい魅力に満ちた、サンデル先生。

ハマってしまいました。


っていう感想でした。

|

« サンデル教授@東大 レポート | トップページ | 検察:幼稚な言い訳  村木氏事件 »

サンデルサンデル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/36405415

この記事へのトラックバック一覧です: サンデル教授@東大 すずめの感想 & 妄想:

« サンデル教授@東大 レポート | トップページ | 検察:幼稚な言い訳  村木氏事件 »