« 2010年3月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年4月

2010年4月13日 (火)

石膏像 ラブ6

ボルゲーゼのマルス

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-160

これは好きだ。石膏デッサンが「分かった!」と思った作品。
まず、顔が美しい。これも本当は顔が下を向いていて、本当は難しいのだが、胴体との位置関係、胴体の量感との差があるので、解決策が見えて来やすいのではないだろうか。ギリシャ婦人のような作品が、その顔と骨格の位置関係を説明するのが難しいのに比較して、このように首の角度を説明してくれる体が見えている方が、論理性を持たせられる。
それに顔の繊細さ、胴体の量感。。。そういうコントラストも挑戦したい魅力を備えている。
ヘルメスの髪の毛ようなイヤラシイ要素も無い。繊細に描いてもよし、大胆に量感を出してもよし。いろんなアプローチもできる。

この像、ギリシャ彫刻ではなく、ローマ時代の模刻。原作はブロンズ像でギリシャ神話の軍神ゼウスとヘラの子オリュムポス12神の中の 一人、ボルゲーゼというのはローマ枢機卿シピオーネが造った別荘。


青年マルス(面)

もうひとつのマルスが有名なので、こっちは「青マル」と呼ばれたりする。

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-226

石膏像中、一番のイケメン。
あまり有名ではないかもしれないが、シンメトリーで最も描きやすい像だろう。特に、頭像ではなく面は組みしやすい。ということで、Me~ちゃんの入学祝いにしたことがある。


ボルゲーゼのマルス (面)
その後、やはり練習用に、我が家でも、ボルゲーゼのマルスの面を買った。
こっちもイケメン。


メジチ(面/頭像)

中学のころ、卒業祝いに美術の先生が下さった。これも、CHAはよく練習した。
言うまでもなく、ミケランジェロのこの像、美しい。
あまりに美しすぎて、好きになれない位だ。マルスなら神様だからしかたが無いけれど。

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-254

メジチの頭像もまた、よく描かれる。頭像なので、難しくないのだが、えがきなれていた割に、難しかった記憶がある。やはり顔が前に出てるからだ。


20070210203300.jpg 197×236 ピクセル

これが全身。
有名なメジチ家のお墓
ジュリアーノの下
その下は昼と夜のメジチ。
http://drab.at.webry.info/200808/article_4.html

ホントはロレンツォとピエタも一緒に出てるのもあったと思うんだけど、
見当たらない。


ギリシャ婦人

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-166

これも「負けた」と思った。今も、一番難しいのはコレだと思っている。
昔、負ける以前に、敗退して、以来、挑戦していない。
なので、一度も描いた事が無い。
自分の技量がそこまでになったら、もう一度描こうと思ってやめて、とうとう、その日は来なかった。右からの横顔以外は難しい。
難しいが、美しい。
これだけ美しいのだから、負けてもしょうがないかな。ヘタには描きたく無いし。。。
ヘルメスはイヤラシい髪の毛とか、いかにも面倒なだけのどうでも良い要素がたくさんあるが、彼女は髪の毛もそこそこ難しそうではない。
それなのに、難しいのは、この骨格の複雑さにある。
本当なら、この角度でこの構造、重量的に自立できないはずだ。
おそらく見えていない部分の肩から下の骨格が、この複雑な角度を作り出しているのだが、そこまで説明しなければ、像として成り立たない。見えない骨格を、更には切り取られている力学的構造を首と肩の角度によって描くむずかしさ。そしてその複雑な要素を、さらりと美しい表情に隠している。

うーん。
憎い。

ということで、CHAは今夜はコレを描いている。
2枚目。最初の1枚は私が負けたのと同じ角度で、負けている。
次は、最も易しいはずの右からの横顔。この角度だけは首が横に斜めになってくれて、説明しやすい。

浪人したら、一年かけて挑戦すると良い。


ジョルジョ


http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-157

ファンが多い像だろう。大きい割に描きやすい。顔がイケメンだというのも大きい。これも美大に入って、大きな全身を見て、描きたいと思った。
本当は全身像

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-114


胸板が厚い。量感と繊細な顔。
首の下の結び目、衣装、意外に描きやすい。このラインは量感をフォルムにして表現する良い素材になる。位置関係も表現しやすい。顔も繊細でメリハリがしっかりしているので、描きやすい。髪の毛もそこそこ。

難しそうに見えて、成功しやすい像だろう。
私も、良い作品が描けた記憶がある。

ロレンツォ作。

こんなに魅力的な石膏デッサン.
普通の人には難しい。だから、ちょっとやってみても、全然うまく描けないので、粘って描いても、最終まで描けない。
達成感が持てない。実力が無いと、いくら練習しても結果は悲惨。
うまいかへたか、残酷なまでに露呈させてしまう。


本当は、楽しい。
技量の少なさに対してはとことん厳しいが、
それだけに、うまくなりつつある自分もちゃんと感じさせてくれる。


夕暮れの美術室で、
いろんな事を1人で考えながら、
黙々と描いた時間を思い出す。
石膏は、その像と対峙しながら、
いろんな事を考える時間も作ってくれる。

本当は、これほど良い練習は無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

石膏像 ラブ5


ジャンヌダルク

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-183

CHAの練習用に買った。
ピアノの上に置くのに、サマになる大きさは無いか。
おしゃれで。。。という選択。
それから、像として工夫の余地があるもの。
という視点で選んだのだが...

顔は美しい。魅力的だ。
だけど、
彫刻としての細部が甘い。


ヘルメス

B.C.4Cの大彫刻家プラクシテレスの原作?実際はB.C.100年頃ヘレニズム時代のコピーか。大理石、オリンピュア考古博物館収蔵。

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-161

イヤな思い出がある像だ。
うまく描けなかった。
よく課題に出されるが、難しい。
難しい上に、魅力が無いので、(個人的に顔がバカっぽくて好きじゃない)
努力する気にならなかった。アリエスはまだ美しいので、負けても悔しくないが。。。。
まず難しい理由は顔が下を向いていること。角度によっては、額がぐっと前に出て、顎が奥にあるのを平面上に「距離感」として描かなければならない。
そして、そうすると、頬の角度が難しいので、顔立ちが変わってしまうのだ。
もうひとつ、この頭。トゲトゲの形。
このトゲトゲをひとつずつ、全部描くか描かないか。
描くのは大変だが、描かなければツルっ禿になってしまう。描くしか無いのだが、全体の丸みの表現を残したまま、一個ずつのトゲを描く。そんなコトしてる時間が無いのだが、やらないと禿になるし。。。

ヘルメスはCHAが大石膏デッサンで当たったものだ。CHAも惨敗だった。
その時のY君の作品はすばらしかった。こんなうまいデッサンがあるのかとおもった。しかもヘルメス!ほとんど同じ角度で描いたCHAのデッサンはあまりにその差が悲惨。私がかつて失敗した時と同じように負けているのがわかった。

この像の全身は子供が肩に乗っている。
顔をよくみると怖い。


アポロン

原作はB.C.330年頃レオカレス作の古代ギリシアブロンズ像。古代ローマ時代に大理石で摸刻。ヴァチカン美術館収蔵。


石膏像としてはよく描かれる。正面、横は難しく無い。しかし右斜め前は難しいかもしれない。
何度か描いたが、余り好きな像じゃない。
構図としては、おもしろく取れそうな部分がかなりありそうだが。

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-164

ラオコーン

ゲイ校の大石膏では日本画の子はラオコーンだった。
これは描いた事が無いが、
ひたすら大きい。よくあるのは、トルソー部分。
形は取りやすそうだ。描き込みさえすれば、良い作品になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

石膏像 ラブ4


ミロのビーナス

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-184


B.C.100頃エーゲ海ミロス島出土、大理石、ルーヴル美術館収蔵。

有名だが、ワタシ的には好みではない。

描いたことがあったかどうか、あったような気がする。
易しいんだろう。よく、初心者が最初に描く像に選ばれていたりする。

これは頭像で、小さく、胸像を描く前の段階でこういう像を何体か描く人が多い。

ビーナスには他に
ヴェンナのビーナスがある。
湯浴みしているといわれている


http://www.geocities.jp/wakawaka_0125/art/sekkou/sekkou.htm

これは、多摩美に入って最初に描かせられたもの。
受験時代、石膏像ばかり描いていたが、入ったらこれと、もう一枚位ではなかったか。当然、全員描けるのが当たり前。
石膏像の魅力にハマっていたのに、急激に覚めた。大学の石膏室の入り口には大きなニケがあって、入学した時は、何てすてきなんだろう、そのうち描いてやろうと思っていたが、そんなダサい事する学生もいないし、自分もやんなかったと思う。。。。と、描きながら、そういえば、ニケ、描こうとして、紙に入らないで困った記憶があるなあ。それに大きくて石膏が遠くて、描き辛かったような。。。やっぱし、そういうダサイ学生してたのかもしれない。


その他ビーナスにはいくつかある。


あばたのビーナス

ヒュギエイアの頭 :ヒュギエイアは健康の女神。アテネの神殿にあったその像の 頭部とされているもので発掘当時から顔面に損傷が多くあり、俗 にアバタのヴィーナスと呼ばれている。 紀元前340年頃

プラクシテレスまたはスコパス 原作とされる

これも初心者の課題に良く出てくる。

私も描いた記憶があるが、紙の上に球体がドンっていう感じで、
好きじゃなかった。それと、こういう球体ドンっていうのは、物体としての構造よりも、顔の配置に興味が行ってしまう。そうすると、似てるか似てないかがすべてになってしまって、何か勉強にならない気がする。

http://f.hatena.ne.jp/kamaneko/20060628232721


ラボルト 別名アンピトリテ

ギリシャ彫刻と言っても多くはローマ時代に模刻されたもの。だから、何体も同じ模刻があるらしい。でもラボルトは数少ないギリシャのブランド。
ラボルト伯爵がパルテノンのビーナスというのを発見したからなんだそう。

この像、頭部としては大きい。特に鼻の先から頭の後ろまでの距離感がすごい。初めて描いた時は、男の子のように思えた。何か、ラボルトって名前がぴったり来るような。
初心者の課題に良く出てくるが、
意外に難しい。特にこのボリューム感。
球体がドン、っていうより、デンっという感じ。

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-224


カッパヴィーナス


もひとつ、これ、描いた事無いけど。
セクシーすぎる
石膏像も何でココで切ったの?
って感じだけど、全身像は
コレ、色っぽすぎ?

http://blog-imgs-23.fc2.com/r/i/s/risatabi/kappa.jpg


描いたことは無い気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石膏像 ラブ4


ミロのビーナス

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-184


B.C.100頃エーゲ海ミロス島出土、大理石、ルーヴル美術館収蔵。

有名だが、ワタシ的には好みではない。

描いたことがあったかどうか、あったような気がする。
易しいんだろう。よく、初心者が最初に描く像に選ばれていたりする。

これは頭像で、小さく、胸像を描く前の段階でこういう像を何体か描く人が多い。

ビーナスには他に
ヴェンナのビーナスがある。
湯浴みしているといわれている


http://www.geocities.jp/wakawaka_0125/art/sekkou/sekkou.htm

これは、多摩美に入って最初に描かせられたもの。
受験時代、石膏像ばかり描いていたが、入ったらこれと、もう一枚位ではなかったか。当然、全員描けるのが当たり前。
石膏像の魅力にハマっていたのに、急激に覚めた。大学の石膏室の入り口には大きなニケがあって、入学した時は、何てすてきなんだろう、そのうち描いてやろうと思っていたが、そんなダサい事する学生もいないし、自分もやんなかったと思う。。。。と、描きながら、そういえば、ニケ、描こうとして、紙に入らないで困った記憶があるなあ。それに大きくて石膏が遠くて、描き辛かったような。。。やっぱし、そういうダサイ学生してたのかもしれない。


その他ビーナスにはいくつかある。


あばたのビーナス

ヒュギエイアの頭 :ヒュギエイアは健康の女神。アテネの神殿にあったその像の 頭部とされているもので発掘当時から顔面に損傷が多くあり、俗 にアバタのヴィーナスと呼ばれている。 紀元前340年頃

プラクシテレスまたはスコパス 原作とされる

これも初心者の課題に良く出てくる。

私も描いた記憶があるが、紙の上に球体がドンっていう感じで、
好きじゃなかった。それと、こういう球体ドンっていうのは、物体としての構造よりも、顔の配置に興味が行ってしまう。そうすると、似てるか似てないかがすべてになってしまって、何か勉強にならない気がする。

http://f.hatena.ne.jp/kamaneko/20060628232721


ラボルト 別名アンピトリテ

ギリシャ彫刻と言っても多くはローマ時代に模刻されたもの。だから、何体も同じ模刻があるらしい。でもラボルトは数少ないギリシャのブランド。
ラボルト伯爵がパルテノンのビーナスというのを発見したからなんだそう。

この像、頭部としては大きい。特に鼻の先から頭の後ろまでの距離感がすごい。初めて描いた時は、男の子のように思えた。何か、ラボルトって名前がぴったり来るような。
初心者の課題に良く出てくるが、
意外に難しい。特にこのボリューム感。
球体がドン、っていうより、デンっという感じ。

http://www.yumegazai.com/default.asp?mode=product&pc=zk-2531-224


カッパヴィーナス


もひとつ、これ、描いた事無いけど。
セクシーすぎる
石膏像も何でココで切ったの?
って感じだけど、全身像は
コレ、色っぽすぎ?

http://blog-imgs-23.fc2.com/r/i/s/risatabi/kappa.jpg


描いたことは無い気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年8月 »