« 警報は鳴らなかった 2 | トップページ | 1945年 二度と辿ってはいけない道 »

2009年9月 3日 (木)

すずめ、広島から/上関原発と原爆と

いろいろあって。。。

すずめ、日曜日からずっと広島にいます。


で、
いろいろあって、
昨日、山口県・上関原発系の運動をされてるちゃびんドクターに会っちゃった。
で、ちょい、考えたコト。


山口県・上関原発

山口県の話。
東京のすずめたちにはどういう風に見えてたかと言うと。。。。
遠い話だった。

すずめの印象では。。。

そういえば、選挙の話が出てたなあ。。
あと、ナントカっていう、アマミノクロウサギっぽい名前の動物が裁判起こしたって?
その程度の情報しか無かった。

温度差以前に、伝わって来た情報はその程度。
(その程度でさえ、原発系のニュースってワリと好きなすずめはまだマシな方かもよって、思ってるんだけど)


今回、調べてみた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/上関原子力発電所

そうか。

原告は

カンムリウミスズメ

なのね。お友達じゃんひよこ

茶瓶先生に
「でも、アマミノクロウサギ訴訟は、ウサギだからダメでしたよね。」
って申し上げたら、
「だからここでは、原告にはニンゲンも加えてるんです」
でも、ニンゲンの場合、原告になるには25000円とかお金もかかるし、イロイロ大変なんだそう。スズメだったら、ナミダ程度でもオッケーなのかな。


瀬戸内海にこんなの作っても良いのかっ
って思うんだけど。
それ以前に、
何で、新しい原発、作んなきゃいけないの??

山口県ってのが、なーんかアザトイ。
広島だったらやんないでしょ。
ビミョーに隣。

広島のヒトは反対して欲しい。

原爆:
人類はヒロシマの悲劇を伝えていかなきゃいけない。
アメリカが悪いってんじゃなく、
人類のこれからの問題として
二度とあやまちを繰り返さないために。

私たちの未来に暗雲を落とすもの。
二度と繰り返しては行けないあやまとしての、「核」
それは、水爆もチェルノブイリも同じだ。

平和利用なんかじゃない。
だって、
間違ってしまったら、「平和」なんて永久に無くなる。
そんなの平和利用なんかじゃない。


だけど。。。


原発は打出の小槌。
お金がザラザラ出て来る。
だから、この地元でも、抱き込まれた人たちはいっぱい。
その中で、
地元で素朴にがんばってるおばちゃんたちが、
地道に反対して来たんだそう。

自分たちが普通に暮らす普通の場所を普通に守りたい。
そういう普通の願い。
潰さないで欲しい。

|

« 警報は鳴らなかった 2 | トップページ | 1945年 二度と辿ってはいけない道 »

0東日本地震 原発事故」カテゴリの記事

コメント

想定を超える地震でも、柏崎原発の融合炉は壊れませんでした。
チェルノブイリもスリーマイル島も、人的要因で事故が発生。そして拡大。

人間は学びました。人はミスをするものだと。

いまの原発は、非常時にはコンピュータが自動で炉心を冷却します。もはや人の介在は許されていない。数多くの実験により、システムの信頼性を確保するには、人間よりコンピュータに任せた方がいいとわかった。もう、制御室なんていらないレベルまで進化しています。

自分たちが普通に暮らす普通の場所を普通に守っているのは中国などでは?
化石燃料を燃やし続けることで、普通に暮らせる普通の場所を確保し得るか疑問です。

投稿: Uni●●●●● | 2009年9月 4日 (金) 21時05分

コメントありがとうございます。

>いまの原発は、。。。もはや人の介在は許されていない。。。。人間よりコンピュータに任せた方がいいとわかった。もう、制御室なんていらないレベルまで進化しています。

はい。それに取り組んだK氏も、
「あらゆる可能性すべてを考えた。どう、考えても事故のしようがない。」
と、おっしゃっていました。

>化石燃料を燃やし続けることで、普通に暮らせる普通の場所を確保し得るか疑問です。

確かにそれには反論の余地はありません。

でも、原発という叡智を別の方向へ向ければ、もっと違った可能性があるのではと思います。なぜなら、200年後の人類は原発を使っているだろうとは思えないからです。

投稿: すずめ | 2009年9月 7日 (月) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/31219354

この記事へのトラックバック一覧です: すずめ、広島から/上関原発と原爆と:

« 警報は鳴らなかった 2 | トップページ | 1945年 二度と辿ってはいけない道 »