« ロービジョン学会2:ちょっと尖ってるんで気に障ったらごめんなさい | トップページ | ロービジョン学会4:車の運転2 »

2009年7月30日 (木)

ロービジョン学会3:車の運転1

車の運転問題


このハナシ、世の中的にもまだ未解決だ。
実は、前にも書いたけど、ウワサでは、視覚障害があっても、車を運転してる人がいるらしい。もちろん、ウワサなので、データは無い。

視覚障害の中には、視野が欠けるものがある。周辺がちょっと見えなくなるもの。
右半分が全部無くなるもの、ど真ん中が見えなくなるもの、真ん中に十円玉程の見える部分を残して、後は何も見えないというのもある。(その状態に向かって、どんどん進行するという疾患もある)

真ん中がドンと見えないなら、自動車免許の更新はできないだろう。
だけど、周辺が見えない状態なら、極端な事を言えば、真ん中に10円玉位の視野さえ残ってれば、免許更新の時の輪っかは見えちゃうのだ。

これはウワサだが。。。
眼科には、こういうかなり広範囲な視野障害がある人が、車を運転して来ることもあるという。眼科医さんは、本人に、そして可能であれば家族も呼んで車は運転しないように説得をする。時に強く、誠意を込めて。必要があれば、車を運転しないでも良い福祉のサポートなどにも繋ぐ。しかし、できるのはそこまで。通報もできないし、それ以上脅迫めいたこともできない。患者本人には、検査を受けない権利だってあるワケで、視野欠損の疾患である事が分かってる上で、その進行状況を改めて確認した所で、本人にはウザイだけだ。眼科に行かなくなる恐れさえある。
そうなったらもっと怖い。

この問題は視覚障害のみならず、高齢者ドライバにも言えることだ。
注意力が若い頃より極端に下がっている。免許書き換えの時に、検査をすることができるにしろ、漏れる例は多い。何よりも、本人にそれを自覚させて、運転を辞めさせることが難しい。昨今、いろんなニュースを目にする。

しかし、そう、強く言えない背景もある。
地方では車が足なのだ。
バス便なんて一時間に1本ならまだ良い方で、一日に1本。。。。それも乗り継がないと行けないなど、イロイロある。
昨今は、地方都市でも駅の近くより、郊外のショッピングセンターの方が活気があったりする。そんな所へはみんな車で行く。
なるほど、地方の家々は、みんな何台も車を持ってる。家族の数より多く持ってる家さえある。

長くなったので続きは明日。

|

« ロービジョン学会2:ちょっと尖ってるんで気に障ったらごめんなさい | トップページ | ロービジョン学会4:車の運転2 »

ユニバーサルデザイン/ロービジョン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210811/30763210

この記事へのトラックバック一覧です: ロービジョン学会3:車の運転1:

« ロービジョン学会2:ちょっと尖ってるんで気に障ったらごめんなさい | トップページ | ロービジョン学会4:車の運転2 »